お問い合わせ・ご相談はこちら

詳しいサービスの内容や導入のご相談・お見積もりは、お問い合わせフォーム、またはお電話でお問い合わせください。

お問い合わせ 資料請求

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6414-4088

(受付時間 平日10:00〜18:00)

生協の人事が仕掛けた「脱・安定志向」 母集団へのアプローチを変え、内定辞退率を4割下げたYouTube活用術

生協 人事部担当者様
日本生活協同組合連合会
事業内容
会員生協への商品供給などに関わる事業/会員生協への支援の取り組み/生協の全国組織としての取り組み
従業員数
1,380人(2020年度末)
課題
就活生への情報提供に柔軟性が欠けている
導入の決め手
学生へ伝えたい内容を正直に打ち出せる
早期段階から活動している就活生と接点が持ちやすい
得られた成果
ONE CAREER経由で応募した学生の約48%が1次選考を通過
22卒採用の内定辞退率が約4割減(6月中旬時点)
動画コンテンツの活用により候補者の企業理解が向上

時期を選ばず、学生に伝えたい内容を「正直に」打ち出したい

日本生活協同組合連合会(日本生協連)は、地域生協や大学生協などが加入する日本最大級の消費者組織です。通称COOP(コープ)とも呼ばれ、コープマークのついたPB商品の開発や全国の組合員への商品供給、会員支援などに取り組みます。同会は早期から就職活動する学生に向けて柔軟な情報提供を実施するため、「ONE CAREER」への求人掲載やYouTube説明会「ワンキャリアライブ」を導入いただきました。今回は管理本部人事部の中田さんに、導入背景をはじめ、動画コンテンツが採用に与えた変化を伺います。

 

──早速ですが「ONE CAREER」を使おうと考えた経緯について教えてください。

 

中田さん:「チャレンジ精神を持つ」、「課題に前向きに取り組む」など、当会の志望者に多い安定志向層とは異なる学生にエントリーしてほしいと考え、学生が利用している就職情報サイトを調べたのがきっかけです。また、就活ナビサイトの使い勝手にも課題を感じていました。当会は複数の大手就活ナビサイトを利用していますが、思うように情報発信ができない印象がありました。

 

──どういうことでしょうか?

 

中田さん:「就職活動」「採用活動」に対しての暗黙のルールがあると思いますが、大手就活ナビサイトではどうしてもそのルールに則って情報発信をしていく必要があります。経団連が「採用選考に関わる指針」を策定しない方針である今、企業も学生もこれまでとは違った動きになっています。そんな中で、これまでのルールに縛られた情報発信だけでは、個人としても組織としても、正直に学生と向き合えていないと感じていました。就職活動の早期化やインターンシップの需要からも、学生の動きや要望に合わせたいと考えたのです。

 

──なるほど。ONE CAREERを選ばれた決め手は何だったのでしょう。

 

中田さん:学生に伝えたい内容を正しく打ち出せることです。先ほどお話ししたようなルールに縛られていないですし、内製イベントの開催告知など、柔軟にサイトを利用できる点が私たちの採用活動にマッチしました。ナビサイトと異なり、通年で利用できることから、早期から積極的に就活をしている学生と接点が持てる可能性にも期待していました。安定企業の印象が強い当会が、ONE CAREERの利用者に受け入れられるかは不安でしたが、他サイトの利用状況などと比較しながら、導入の検討を進めました。

サイトから応募した約48%が1次選考を通過。困難に挑戦したい学生とも出会えた

──ONE CAREERを導入されてから、どのような変化がありましたか?

 

中田さん:就活解禁前に形成された採用母集団において、ONE CAREER経由で興味を持たれた方が非常に多かったです。ONE CAREER経由で選考に参加した133人のうち、1次選考の通過者は65人と約半数の方が通過しています。これは、大手ナビサイトでは得られなかった成果です。

 

──出会う学生にも変化はありましたか?

 

中田さん:そうですね。大手ナビサイト経由で当会にエントリーする学生の多くが、大手という安定志向から志望されていました。一方、ONE CAREER経由だと「当会で活躍したい」、「新規事業を作りたい」などチャレンジ精神に溢れた方が多かったです。

 

──ONE CAREERをご利用いただく中で、特にご満足いただけたサービスを教えてください。

 

中田さん:サイトへの求人掲載と、YouTubeで行う説明会「ワンキャリアライブ」の1社独占LIVEです。特に動画の効果は大きいですね。私たちも採用動画を制作していますが、ONE CAREERの動画は対談形式で、視聴しやすいプログラム構成になっているため、学生の企業理解に役立っていると思います。

内定辞退率を約4割減らすことができた決め手は「戦略的なコンテンツ共有」にあり

──1社独占LIVEはどのような場面で役立っていますか?

 

中田さん:これまでは対面での企業説明会で業務内容を説明していたため、参加できる人数も限られ、人によっては理解が不十分なまま選考が進むこともありました。内定後の面談で「事業をよく理解できてなくて」と言われたこともあります。1社独占LIVEの内容はYouTubeでいつでも視聴できるため、他社サイトからエントリーした学生も含め、ほとんどの候補者が企業理解を深めた上で選考に参加してくれました。22卒採用では、「事業がよく分からない」と話す方はいませんでしたね。

 

──候補者にコンテンツを共有する際、どのような点を意識しましたか?

 

中田さん:タイミングですね。動画は60分近いため、当会へ興味がないと全部視聴してもらうのは難しいと思い、選考がある程度進んだ段階で共有しました。「印象が変わった」「良い意味でギャップを感じた」という声が多かったです。学生と認識がすり合わせられたこともあり、内定辞退率も昨年と比較して、約4割減少しています。

 

──こうした工夫によって、今年は採用がより順調に進んだのですね。

 

中田さん:はい。特にオンラインで一度に数百人単位に向けて情報発信ができたことが大きかったですね。例年、東京と大阪で説明会を数回実施していましたが、一度にお会いできるのは多くても50人前後でしたから。

オンライン採用を徹底研究。人事が主体的に考え、行動することが成功への第一歩

──23卒に向けて、どのような取り組みを行いたいですか?

 

中田さん:今後は内製イベントを増やし、エントリーした方を選考導入までつなぎとめる施策を考えたいです。当会にエントリーされていない方にも、ONE CAREER経由でイベントを告知し、興味を持ってもらえる機会が増やせたらと思います。

 

──オンライン採用への変化を前向きに捕らえられている印象を受けます。

 

中田さん:そうですね。22卒採用はスタート段階からオンライン採用と向き合うと覚悟を決めていました。オンラインツールの使い方やサービスの比較はもちろん、音の入り方や動画の見せ方などを1カ月ほどかけて研究しました。正直、学生の反応を見るまではこれで良かったのか分かりませんでしたが、準備できることをやりきったため不安はありませんでした。このときに自分たちで手を動かしていた経験から、ONE CAREERとのコンテンツ企画含め、主体的に入り込めたと思います。

 

──最後に、今後ONE CAREERに期待する点を教えてください。

 

中田さん:ONE CAREERには常に就活の最先端を走ってほしいですね。同じような切り口の動画コンテンツがYouTube上に増える中、新しい形のオンラインコンテンツの提案やアフターコロナを見据えたオンラインとオフラインのハイブリッド型選考のノウハウなどをご提供いただけるとうれしいです。

学生の本音をもとに、採用活動を。ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6414-4088

受付時間 平日10:00 〜 18:00